• 陶器と美味しい家庭料理1
  • 陶器と美味しい家庭料理2

美味しい時期の食材を家庭料理に

時期

陶器の良さを引き出すために、家庭料理には旬の時期の食材を用いて、繊細な盛り付けにして食べる伝統が根付きました。昔の人は初物から名残も含めて、食材の季節感を大事にしていたためですが、この伝統は現在の食卓でも十分に通用します。

タケノコが美味しい時期には、天ぷらや炊き込みご飯を作って陶器に盛り付けます。そうすると、旬の時期の魅力が際立ち、食材に対する感謝の気持ちも生まれてきます。極めて鮮度が良いタケノコは、軽く茹でてから薄切りにして、織部の角皿や小鉢に盛り付けて刺身にすると、鮮烈な風味を存分に堪能できます。

青い食器

夏には冷やしそうめんを食べるために使うことで、美味しい余韻とともに清涼感も味わえます。陶器の大鉢にそうめんを入れて、冷たい氷とキュウリの千切りも浮かべて、そば用の猪口を使って食べるのも風流な楽しみではないでしょうか。秋は松茸やサンマが美味しい季節ですから、陶器にも工夫をして楽しみましょう。

冬の季節になると、おでんなどの鍋料理で陶器が大活躍します。鍋用の小鉢には取っ手が付いているのが特徴で、熱い煮汁を入れても持ちやすいように工夫されています。冬に旬を迎える魚介類に加えて、ネギや白菜などの冬野菜も添えて家庭料理を作って食べれば寒さも解消できます。

食器

おしゃれな小鉢の陶器で家庭料理

小鉢

食事を盛りつける器が美しくて洗練されていると、美味しい料理はますます美味しく感じるようになりますし、資格亭にも楽しませてくれます。いつも食べている家庭料理も、器を変えてみるだけで新鮮に映りますし、マンネリ感もなくなります。おしゃれなブランド物の洋食器も確かに素敵ですが、和風ならではの個性や魅力がある陶器の小鉢に注目してみるのも素敵ですよ。

小鉢とは、日本料理の用語で小さい器に盛りつけて出される料理のことを言います。日本料理のお店でよく見かけますよね。家庭料理でも、おかずを少しずつ豆皿に盛り付けて出せば立派な小鉢になります。一つのお皿に盛りつけずに、豆皿に少しずつ盛るのは手間もかかりますし、後片付けも少し面倒ではありますが、たまにはこういうのもいいのではないでしょうか。

豆皿は小さくてかわいらしいので、集めている人も多いですよね。陶器の中ではデザインのバリエーションも豊富で、和風の伝統的なものから、洋風のモダンなもの、子供も喜ぶようなユニークなものまでいろいろです。小さなお皿をたくさん出す方法もありますし、お盆などに豆皿をたくさん乗せて、流行のワンプレート風して出すのもいいかもしれませんね。

いろんな陶器